いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

相撲

今日は久しぶりに「相撲」見物。
若貴の時代が去り、一時期つぶれかかっていたすもうも最近は復活。
一番人気は「高見盛」。ちょっとしたパフォーマンスが客をわかせる。

ただ、1マスの値段はひとりあたり1万円オーバーだし、せまい。
この部分の抜本的改善をしないとね。

今回のメンバーは変わった先の会社の関係会社の顧問(元上司)、
常務(よく知っている人)、室長(元上司)
おかげで今いる会社の暗黒部分のネタバラシ大会で大盛り上がり、
結局ほとんどすもうを見ずに楽しいときを過ごせた。
このネタ、来週から使えそう!!
e0054064_23311992.jpg

[PR]
by utzutz | 2006-07-22 22:48 | 旅行・あそび

会社を替わった・・・・・6

きょうは新しい会社の歓迎会
先週は、前の会社の送迎会
移籍してから2週間以上経っているが、経営企画部という立場上、なかなか全員の足並み
がそろわないのが実態。だいたいラインじゃないので、極端な話、1時間後、どんな仕事を
やっているのか想像できない場合もある。

新しい職場は、今週より一箇所に集合したばかり、いよいよ新経営企画部が動き出す!!
[PR]
by utzutz | 2006-07-19 00:22 | その他

会社を替わった・・・・・5

会社を換わって3週間目、先週の末に業者に引越しを依頼、私自身は会議から直帰して
いるので、きょう、はじめて新しい部屋に入った。

広い!部屋そのものはそんなに広くないが、ひとりあたりのスペースがかなり広い。
ディスクトップPCに、お好きなノートPCをもう一台かってくれるとのことなので、
ひとりで2台あやつるにしてもまだ広い。

よくよく見ると、空気清浄機やら加湿器やらいたれりつくせり、これでたっぷり居眠り
仕事ができる。
[PR]
by utzutz | 2006-07-17 23:04 | その他

座敷わらじの思い出

ずいぶん昔の話だが、夏休みに突然旅行することになり、友達と東北にでかけた。
いきなり恐山向かい、恐山温泉に入ったり、宇宙人の土偶が出土した亀ヶ岡遺跡
やアラハバキの里で突然海底に沈んだ古代都市の眠る十三湖、イシカリホノリの化石
とか宇宙人の化石とか言われているなぞの岩、大湯のストーンサークル、キリストの
墓、日本のピラミッドとかいろいろまわり、その途中で金田一温泉に立ち寄った。
この温泉には緑風荘という旅館があり、そこの「えんじゅの間」には、  藤原亀麻呂と
いう座敷わらじがよく出没するという。もちろん、「えんじゅの間」を予約して夜遅くまで
待っていたが、来てくれなかった。
「えんじゅの間」は母屋にあり、客室は置くの別棟。古い旅館というよりほとんど民宿に
近い状態で、「えんじゅの間」は普通の日本家屋の一室にすぎない。隣の部屋とはふすま
でしきられているだけで、母屋には客室はないのでふすまの向こうの部屋には誰もいない。
風呂もトイレはかなり離れたところにある。
夜中にひとりでトイレに行こうとしても、非常灯のような気の利いたものはなく月明かりだけ
がたよりという状態。自ら座敷わらじに会いに行っているのに、どんなに怖かったことか・・

そんな思いでがあったのだが、たまたま最近、この緑風荘のHPを発見した。
なんと平成20年まで「えんじゅの間」は予約済みとのこと。

あの当時は、誰一人しらなかったし、金田一温泉のタクシーは1台しかなかったし、
本当にひなびたところだったのに・・・びっくりしました。
さすがに幸福を運ぶ座敷わらじのいる家は強い!!!
[PR]
by utzutz | 2006-07-16 00:41 | 旅行・あそび

JSDG(上級シスアド連絡会)、中部地区研究会

きょうは、JSDGの勉強会(という口実の宴会?)

ほんもののシスアドだけが、わかる切実かつ臨場感あふれるお話、
会社では、本当の悩みを聞いてくれる人がいない、孤独なIT変革者であるシスアド
にとって、業種や会社が異なっても、同じ悩み、同じ問題、同じ課題を共有する者同士、
言葉以上の意思が伝わってくる。
だから、この会は面白い

高度情報処理試験である上級シスアドの合格者と将来のシスアドをめざす、志の高い
メンバーが集まったIT変革集団、タフネゴシエータ、想像のための破壊神集団。
そして、もうひとつ、この会のすごいところは、シスアド関係の本の著者がいっぱいいること。

まあ、そんなアクティブなメンバーの中にいるから会社を替わる決断、そのための戦略、
活動・・・・・・すべて思い通りにやれてしまうのだが・・・・
[PR]
by utzutz | 2006-07-15 01:15 | ITネタ

会社を替わった・・・・・4

もうすぐ2週間になるが、特にミッションについての指示はなく、やりたい放題。

ただ、事業報告会の資料作りへのアドバイス、商品企画会議のぶつつけ本番の助言
(予備知識ゼロで、しゃべっている)、利益企画会議へのこれまたぶっつけ本番の
助言等、ちょっと範囲がひろすぎんじゃないか・・・・

で、「ワイヤーについて、質問が・・・」「ちょっと、メッキについて・・・」「この費目は
販管費か製造原価か」などと、いろいろ聞かれるのだが、前の会社と今の会社じゃ
原価計算制度が異なり、状況を把握するのにとんでもない努力がいる状況下で
原価管理のプロだからと、何でも聞いてくるので大変だ。
すごく簡単なことを把握するのに、海外に電話して聞きださなくてはならないことも
ごく普通にある。

いかに「見える化」が大切かを実感する。
まあ、そのために来たのだし、それをしたいから来たのだし、まあ、満足しているのだから
別にかまわないのだけれどね。
[PR]
by utzutz | 2006-07-13 23:00 | その他

会社を替わった・・・・・3

会社を替わって一週間。いまだに全体像が見えてこない。
私のミッションは「原価企画活動による競争力強化」

原価企画活動とは、コストエンジニアリングとも呼ばれ、一般的には製品別
原価作りこ込み動をいう。

ただし、そこに「組織としての原価企画」とか「しくみとしての原価企画」という
キッチフレーズをつけると経営管理すべてが範疇になる。

まあ、何をしてもいいことと勝手に解釈して、技術、調達、企画や海外に聞き込み
取れるだけの情報を収集している。
突然、電話されてあれこれ聞かれた人、ごめんなさい。

おかけで、指示系統のあいまいさ、業務範囲の不明確さ、ついでに誰と誰が仲がよくて
誰が悪いかもわかってきた。

何百人の大会社なのに、ほとんどが個人技で動いている。ある意味、自律的組織で
マトリックス組織で、理想的なのだが、さすがに、今後何十年もこの体制を継続する
のは難しいだろうな。

個人技の塊のような組織は、ダイナミックで柔軟だが、しくみやルールがなければ、
第三者からは何もみえてこない。

みえない世界では、進歩がとまり滞留する。滞留すれば腐ってくる。
だから、個人技の会社は長続きしない。
個人技をナレッジに変え、それを会社のノウハウに昇華させた会社だけが生き残る。

だからこそ、この会社、そうとう面白いと思う。
つくづくゲーム盤を変えてよかったと思う。
[PR]
by utzutz | 2006-07-12 00:00 | その他

インドの核弾道ミサイル「アグニ3」発射実験

なんとこの時期に、インドは核弾頭搭載可能な長距離弾道ミサイル「アグニ3」の発射実験
を実施。アグニとは、インドの古い神様で、火の神様のこと。烈火のごとく飛んで中国が射程
に入る。ちなみに中国は、中国でインド向けにミサイルを用意している。

もともと中国とインドは領地問題等で仲が悪かったが、最近は友好ムード。
これで、中国は北朝鮮を非難しない態度をとりつづければ、インドが何をしても文句をいえな
くなる。
ご都合主義で、平和を乱す悪党国家に肩入れする、平和よりも国益中心主義の中国に
常任理事国の資格があると思えない。
これは、いつも、理論的志向をするインドからの確信犯的メッセージ?
[PR]
by utzutz | 2006-07-11 23:05 | インドネタ

デスノート

今日は、「デスノート」という映画を見に行った。
原作はマンガでベストセラーになっている。ストーリーは死神が落とした「デスノート」
という、そこに名前と死に方を書くと、そのようになるという特殊なノートを拾ったひとり
の天才大学生が、法律でさばけきれない犯罪者を次から次へと殺していく。
そこへ「L」というもうひとりの天才探偵が出現し、対決するというもの。
それ以上はねたばらしになり、書かないが原作とはストーリーを変えてある。
今回は前編で、後編は11月公開予定だ。

この映画、思ったより人気があるようで、昼過ぎのチケットは1時間以上前に売り切れて
しまった。予定していた映画館では、次の上映時間が相当遅くなるため、仕方がなく別の
映画館
へ電話したらそこも売り切れ。ただし、そちらの方が次の上映時間が早いため、
そちらでチケットを買った。その際、学生は学生証がいるとのことだが、今回は家族連れ
ということで大目に観てもらった。全席入れ替えということで、帰りに出口で係員がごみを
集めてくれていたのでペットボトルとか持ってきたお菓子のゴミを渡したが、入り口で
よくよく観ると、映画館で売っている食べ物以外の持込は禁止だった。
ずいぶん、せこい映画館だ。
昔だったら2本立てで、一度入ったら何回でも観られた。席は指定と自由とがあったはず。
そんなことを思って、この映画館のサイトを調べてみた。
他の映画館にはある割引券もない。

ただ、ネットからクレジットカードを使えば予定している日の予定している時間の席を
事前予約できる。

まあ、きれいだし、人気映画の場合には座席を事前に確保できるメリットは大きい。
それなりに使い道があるかも知れない。

なお、映画については、「あの終り方はなんだ!!!」という感想。あの終わり方で11月まで
またせるんじゃない!!
[PR]
by utzutz | 2006-07-10 00:00 | 旅行・あそび

スタートレックオフシャルカードとGE

スタートレック・オフシャルカードというクレジットカードがある。入会費も年会費も永久無料。
JCBとの提携カードで、ポイントをためると市販されていないスタートレックグッズが手に入
るし、JAFに入っていなくてもロードサービスが受けられるようになる。
もちろん、国内外でのJCBの割引特典はそのまま使えるというすぐれもの。

映画会社のパラマウントと、スタートレック オフィシャルファンクラブの公認カードである。
発行しているのは、受け上げ高16兆円という超巨大企業GEファイナンス部門

つぶれかけた東邦生命や青息吐息のダイエー傘下のディックを買い叩き、ほのぼのレイク
も傘下におさめている。

すごい会社だと思ったが、会社としてはバカ。申し込んですぐにパスワードを書いたはがき
は来たが、カードが来ない。問い合わせたら、カードを送った住所を書き間違えたらしく、
変更再発行手続きをとってもなかなか送ってこない。電話で文句を言ったら、今度は突
然カードを本人限定受け取り郵便で送ってきた。
本人限定受け取り郵便とは、まず郵便局が速達で、本人限定受け取り郵便が着ていること
を告げ、本人が確実にいる日にち、時間を連絡すると、郵便局員がその手紙を持ってきて、
本人が、免許証などの写真付き身分証明書を見せて、確実に本人であることを郵便局員が
確認して、はじめて渡してくれるというややこしいがセキュリティの高い郵便なのである。

なお、今度はパスワードのはがきが現時点では来ていない。まあ、通常のクレジットの使い方
ならサインすればパスワードは関係ない。借金(キャッシング)や自販機での定期券や切符
購入位にしか使わないのでどうでもいいのだがよそに到着するとうっとうしいので、しばらく
様子見してからまたフォローしなくては・・・・

e0054064_19301566.jpg

[PR]
by utzutz | 2006-07-08 19:31 | その他