いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

インドみやげ話(5) 本物の仏像?

インドのサルナートといえば、シャカが悟りを開いた後、初めて説法をした(初転説法)場所で
世界中の仏教徒には有名な聖地ある。よくサイロのような格好をしたダメヘーク・ストゥーバ
の写真がでてくるが、この地にムルガンダ・クーティ寺院がある。ここは日本人画家の野生
司香雪氏が内装の絵を手がけたことで有名でシャカの誕生から入滅までの物語が絵で描
かれおり、日本のツァーではよく立ち寄る場所だ。書く言う私もツァー客なので立ち寄った。
ツァーで知り合った仏像に詳しい人の話では、寺院の中の売店には日本語の本や仏像が
売っており、仏像はその辺のおみやげ屋さんにと比べるとすばらしくおだやかで荘厳でいき
いきした表情の仏像になっている。そして、それでいて大変安い。インドへいって仏像を買
いたければ絶対にはずせなすボイントだと聞いた。実際に、すばらして。ちゃんとしたプロの
職人が心をこめいつくっていることがわかる。ほとんどフィーリングだけで見ている私にも
なんだか仏像の温かみがじわっと伝わり心が安定してくるのを感じる。それだけ、すごい
仏像なのだ。結局、私も日本語の本と仏像を買って外に出たら、ひとりのインド人に呼び
止められた。

 「仏像10ドル、安い安いね」どうやら仏像売りだ。しかし、私は寺院で10cmくらいの小さな
石から削りだした仏像に一目ぼれして買ってしまった。その価格400Rp(約1100円)。
この仏像売りの持っていた仏像もまあまあいい顔をしているがレンガの型押し焼きである。
そして10ドルとは1200円。日本的センスで考えればそれでも安いのだが、ここはインド
である。庶民の月収5000円もの国なのである。躊躇しているとおいでおいでをする。
  近づくとまわりを伺いながら誰も近くにいないことを確認してから10ドルの仏像をひっくり
返すとそこから、写真左の黒い仏像がでできた。「これ、ないしょ、これ古い、本もの、本物の
仏像」コートでその仏像を隠しながら説明する。すごい!本物だって!!「これってシャカの
時代のもの?」「そう、シャカの時代のもの」「それはすごい、いくら」「これ、特別100ドル
安い!」「どう、センセイかわない?」(注記:インドでは日本人は全員センセイにされてしまう)

  本当に紀元前5世紀の仏像が1万円ちょっとで変えるなら安いものである。いや、それ
以前にそれが本当なら世界史の通説がひっくりかえってしまうほとの大事件なのである。
シャカの時代には仏像は存在しない。仏像が造られたのは紀元前1世紀ごろからで、インド
ではアジャンタの遺跡のものがもっとも古く、サルナートやブッダガーヤで発見されるのは
紀元3世紀以降のものである。また、その当時、レンガの型押し仏像は存在しない。
これはまぎれもないニセモノなのだ。しかし、その迫真の演技にはおそれいる。
  実は、この手口はインターネットに誰かが書かれており、こちらは「やった!ニセ仏像売り
に会えた」とわくわくしていたのである。当然、100ドルなんかで買わない。

 この仏像屋さんを適当にかわしていたら、似たような手口を使う仏像売りがいっぱいいた。
そして、このしつこい仏像売りは、鹿野苑の前のマンダラ屋さんでマンダラを買おうかどうか
悩んでいるところにも出没した。ツァーなのに他のメンバーはみんな店の中、外にいた日本
人はわたしだけ。ツァーの運転手と店のガードマンのインド人のギャラリーが見守る中、
プロのバイヤー(?)として徹底的に値切って、この仏像売りを撃破することにした。
別に決裂したらそれでもかまわない。ネゴシエーションゲームのスタートだ。

  「それ、本当に紀元前?そんな時代に仏像いないね」「・・・・」「きっと紀元5世紀とまち
がえたんだね」「そう、まちがえだ。古い仏像、本物・・・」「でも、その本物は本当は安い
よね。土の中からひろっただけでしょ」「そう、古い、本物・・・」なんていろいろなことを日本語
と英語のミックスで話て結局は2体あわせて200Rpで決着。
日本円で560円。ちなみに自称本物を400円、レンガを160円と査定する。
「わたし、ノープロフィット、利益でない、損する」といっていた割には、ちゃんと売って
くれるところがすごい。しかし、仕入れ値はいったいいくらなんだろう。自分としては
少しやりすぎちゃったかと反省していたのだが・・・。言い値より96%OFFである。

 このやり取りを見ていたインド人ギェラリーからは「すごい!」とほめられてしまった。
そうしたら、店のガードマンが「ウチには、本当のホンモノがあるよ。見てみる?」だって・・・、
またまた新たな展開だ。あれ、ツァーのみんなは?まだ、マンダラ屋の中だ。さすがに
マンダラは高い。どんなに小さくても1万円超えだ。まあ、それもあとで撃破するとして
、まずはホンモノをみてみよう。(続く)

インドのサルナートといえば、シャカが悟りを開いた後、初めて説法をした(初転説法)場所で
世界中の仏教徒には有名な聖地ある。よくサイロのような格好をしたダメヘーク・ストゥーバ
の写真がでてくるが、この地にムルガンダ・クーティ寺院がある。ここは日本人画家の野生
司香雪氏が内装の絵を手がけたことで有名でシャカの誕生から入滅までの物語が絵で描
かれおり、日本のツァーではよく立ち寄る場所だ。書く言う私もツァー客なので立ち寄った。
ツァーで知り合った仏像に詳しい人の話では、寺院の中の売店には日本語の本や仏像が
売っており、仏像はその辺のおみやげ屋さんにと比べるとすばらしくおだやかで荘厳でいき
いきした表情の仏像になっている。そして、それでいて大変安い。インドへいって仏像を買
いたければ絶対にはずせなすボイントだと聞いた。実際に、すばらして。ちゃんとしたプロの
職人が心をこめいつくっていることがわかる。ほとんどフィーリングだけで見ている私にも
なんだか仏像の温かみがじわっと伝わり心が安定してくるのを感じる。それだけ、すごい
仏像なのだ。結局、私も日本語の本と仏像を買って外に出たら、ひとりのインド人に呼び
止められた。

 「仏像10ドル、安い安いね」どうやら仏像売りだ。しかし、私は寺院で10cmくらいの小さな
石から削りだした仏像に一目ぼれして買ってしまった。その価格400Rp(約1100円)。
この仏像売りの持っていた仏像もまあまあいい顔をしているがレンガの型押し焼きである。
そして10ドルとは1200円。日本的センスで考えればそれでも安いのだが、ここはインド
である。庶民の月収5000円もの国なのである。躊躇しているとおいでおいでをする。
  近づくとまわりを伺いながら誰も近くにいないことを確認してから10ドルの仏像をひっくり
返すとそこから、写真右の黒い仏像がでできた。「これ、ないしょ、これ古い、本もの、本物の
仏像」コートでその仏像を隠しながら説明する。すごい!本物だって!!「これってシャカの
時代のもの?」「そう、シャカの時代のもの」「それはすごい、いくら」「これ、特別100ドル
安い!」「どう、センセイかわない?」(注記:インドでは日本人は全員センセイにされてしまう)

  本当に紀元前5世紀の仏像が1万円ちょっとで変えるなら安いものである。いや、それ
以前にそれが本当なら世界史の通説がひっくりかえってしまうほとの大事件なのである。
シャカの時代には仏像は存在しない。仏像が造られたのは紀元前1世紀ごろからで、インド
ではアジャンタの遺跡のものがもっとも古く、サルナートやブッダガーヤで発見されるのは
紀元3世紀以降のものである。また、その当時、レンガの型押し仏像は存在しない。
これはまぎれもないニセモノなのだ。しかし、その迫真の演技にはおそれいる。
  実は、この手口はインターネットに誰かが書かれており、こちらは「やった!ニセ仏像売り
に合えた」とわくわくしていたのである。当然、100ドルなんかで買わない。

 この仏像屋さんを適当にかわしていたら、似たような手口を使う仏像売りがいっぱいいた。
そして、このしつこい仏像売りは、鹿野苑の前のマンダラ屋さんでマンダラを買おうかどうか
悩んでいるところにも出没した。ツァーなのに他のメンバーはみんな店の中、外にいた日本
人はわたしだけ。ツァーの運転手と店のガードマンのインド人のギャラリーが見守る中、
プロのバイヤー(?)として徹底的に値切って、この仏像売りを撃破することにした。
別に決裂したらそれでもかまわない。ネゴシエーションゲームのスタートだ。

  「それ、本当に紀元前?そんな時代に仏像いないね」「・・・・」「きっと紀元5世紀とまち
がえたんだね」「そう、まちがえだ。古い仏像、本物・・・」「でも、その本物は本当は安い
よね。土の中からひろっただけでしょ」「そう、古い、本物・・・」なんていろいろなことを日本語
と英語のミックスで話て結局は2体あわせて200Rpで決着。
日本円で560円。ちなみに自称本物を400円、レンガを160円と査定する。
「わたし、ノープロフィット、利益でない、損する」といっていた割には、ちゃんと売って
くれるところがすごい。しかし、仕入れ値はいったいいくらなんだろう。自分としては
少しやりすぎちゃったかと反省していたのだが・・・。言い値より96%OFFである。

 このやり取りを見ていたインド人ギェラリーからは「すごい!」とほめられてしまった。
そうしたら、店のガードマンが「ウチには、本当のホンモノがあるよ。見てみる?」だって・・・、
またまた新たな展開だ。あれ、ツァーのみんなは?まだ、マンダラ屋の中だ。さすがに
マンダラは高い。どんなに小さくても1万円超えだ。まあ、それもあとで撃破するとして
、まずはホンモノをみてみよう。(続く)

e0054064_2195131.jpg

左は自称「ホンモノ」土のつき具合や土台のわれ具合がとてもリアル
[PR]
by utzutz | 2005-12-31 02:03 | インドネタ

インドみやげ話(4) 値札つきの神様・・・・

おお、智恵と芸術を司る女神 「サラスヴァティー女神」だ。 持っている楽器はヴィーナー(琵琶)。そして日本では弁財天と呼ばれている神様だ。 ブラウマーの神ですらあこがれた美形である。
 あ、あの札はなんだろう・・・・・、あれ、金額が入ってる。これはあきらかに値札だ!!!!
こんなところに商品を置いておくなんて、まぎらわしい・・・・・・

e0054064_2038819.jpg

[PR]
by utzutz | 2005-12-29 21:29 | インドネタ

インドみやげ話(3) ええかげんせい!ボーダフォン!!

今回の旅で、台湾、インド、ネパールいずれもボーダフォンの3Gは快適に電話ができた。
ベナレスでサイクル・リキシャーに乗りながら、ラージギールのナーランダー大学跡(
三蔵法師がめざした場所、いわゆる「天竺」)の史跡の上・・・・。少なくとも電話は完璧。
メールもデリーや夜行列車内からもできた。(そすがにベナレスではNG)、そしてびっくり
したのはネパールのルンビニ園。ここはブッタ誕生の地。絶対にここだけにアンテナがある
はずがいのに、ルンビニ園にはいったとたんにメールが通じた。不思議なことにメールや
インターネットにつながったのはこの敷地だけ。外にでると電話しかできない。
シャカの法力恐るべし!!!!

と関心していたが、なんと帰国して名古屋駅近辺では、メールもインターネットも通話も
できない。接続能力はウィルコムのPHS以下の最低レベル。
多分、飽和状態なんだろうが主要駅で使えないなんてはずかしくないのか!!

せっかくボーダフォン3G海外利用レポートを書こうかと思っていたのに日本人ユーザー
を敵にまわす気か!! ひんぱんにこんなことしたら詐欺で訴えるからな!!!
公衆電話代返せ!!!!!!!
[PR]
by utzutz | 2005-12-29 02:47 | インドネタ

インドみやげ話(2) 鶏がつなぐインターネット?

インドはいろいろとマニアックなところに行きました・ここはブツダガーヤというお釈迦様が悟りを開かれた仏教最大の聖地です。つまりど田舎。ボーダフォン3Gは電話ができるが。メールもインターネットもつながらない状態です。
そんなところにこんな看板が・・・・。ネットカフェかな、いや、カフェは存在しないのてネットチャイ屋かなと思って中をのぞいて見ると、掘っ立て小屋に鶏がいるだけでした。どうやってネットにつなぐのだろうか・・・・。そして、コンピュータはいずこ・・・・
とにかく最大の聖地。何が起こっても不思議ではない・・・・




e0054064_2255913.jpg

[PR]
by utzutz | 2005-12-29 02:32 | インドネタ

インドみやげ話(1) 130曲いりCD

なんとか、肉体に続いて精神も日本に戻りつつあります。それだけ強烈な旅でした。
ここで旅で出会った面白いネタを書いて行きたいと思います。
インドで音楽は、デリーのような街中以外のいなかでは露天や小さなお菓子屋の片隅で売
っています。
メディアはカセットテープ、CD、MP3形式のCD、画像付きは日本では再生にテクニックのいる
ビデオCD(パソコンのみ再生可能)、リージョンフリ-とインドリージョンが入り混じっているDVDです。リージョンフリーのDVDは日本でも問題なく再生できますが、インドリージョンは日本と違うので一般のDVDでは再生できません。特殊の設定やソフトウェアが必要となります。
メインはビデオCD。「アイ・ウォント・ミュージックオンリーCD」といってもなぜかビデオCDを
売りつけようとします。また、インドではめずらしく定価制になっていて「カセットテープ25Rp」
とか「音楽CD160Rp」とか印刷されています。ところが160RpのCDを「250Rp」と言って
くるし「おかしいじゃない」と文句を言うと「ごめん、100Rpでいい」と分けがわかりません。
そうかと思うと、日本人ツアー向けにガイドが連れて行くところでは値段がけされており、「10US$」なんていうとんでもない価格がついています。何を信じていいのやら・・・・・。

写真のCDはMP3形式。よくよく英語の説明をみるとなぜか「これはDVD」と書かれてあるし
「36Picture」とあるので36曲かと思っていたら36アルバムで約130曲入り、すべて聴く
には13時間かかるみたいです。ものすごく得をした気分です。これで30Rp(約90円)
もしかしたら海賊版なのでしょうか?しかし盤はCD-Rじゃないちゃんとしたものだし、音も
まとも。体裁もちゃんとしているし、やっぱり本物かな・・・・。
内容はヒンドゥー民謡ではなくポップスやロック調で楽しくなります。ただ、言葉は英語まじり
のヒンドゥー語なので意味はまったくわかりません。
インドはやはり不思議な国です。




e0054064_165919.jpg

[PR]
by utzutz | 2005-12-28 01:19 | インドネタ

インドより帰国しました。

昨日、インドより無事帰国しました。セントレアの閉鎖により台北で食事つき無料宿泊させてもらいましたが、夜行列車-夜間フライトの後の出来事だったので、携帯電話の電池切れ、デジカメの電池切れが発生してしまいました。10日間で撮った写真・動画は10G以上、自宅で待っていた未読メールは3000通以上とこれからの処理を考えて呆然としています。
[PR]
by utzutz | 2005-12-25 00:58 | インドネタ

インドへ再び・・・

ここ一年間、なんとなくインドにとり憑かれていたが、あっさり長期休暇がとれて、インドに行くことにした。
 前回は仕事だったので、デリーのみ1週間だったが、その分、ビジネスクラスでゆったりとしたフライト、宿は高級コンドミニアム、朝晩送り迎えつき、食事・洗濯の心配なしという至れりつくせりだった。しかし、今回は個人旅行、エコノミークラスのフライトで台湾経由、夜行列車もありで、毎日ハードな移動あり、行き先は、クシナガラ、ルンビニ、ナーランダー、ブッダガーヤ・・・・どこだかわかりますか?場所はマガタ国、ただし紀元前5世紀の文明。別名、天竺、そう仏陀がらみのすごくディープな旅行です。別に仏陀ファンや仏教にのめりこんでいるわけじゃないけど、この時期にインドに行くといういう物好きが集まったのがこのツァーだけだったということ。こちらはバラナシとタージマハールが含まれておればOKだったので、このツァーにしたのだけれどあさっては朝5時30分に自宅を出て、インドにつくのは翌朝3時30分(日本時間7時)<
そして、その日は観光後に夜行列車という、旅行というよりも苦行、そう修行の旅なのだ。
インドの山奥でダイバダッタのもとに修行して帰ってこよう・・・(このネタわかりますか?)
[PR]
by utzutz | 2005-12-13 01:37 | 旅行・あそび

携帯電話の価格

最近、ずっと携帯ネタで恐縮だが、今回も携帯ネタ。今日の新聞折込チラシを見てがっくり来た。803Tの新規は0円、903SHの新規は3990円、きっと来年は0円になるだろう。

携帯電話の価格は、発売後すぐにものすごい勢いで値下がっていく。生鮮食料品の見切り
商品みたいだ。

 携帯電話の原価は何万円のはずだ。カラー液晶だけで数千円。内蔵するプリント板は日本の
技術の粋を集めた高集積プリント板だ。ケースを造るプラスチックの金型は数千万円。きずに強くはがれにくい塗装も、先端技術で1ケ数百円するはずだ。
 実際にボータフォンのノキア製品は、ボーダフォンなら0円、ボーダフォンではないものは7~10万円である。携帯電話が急速に発展している東南アジアでも数万円で売っているはずだ。

 裏技的な使い方を考えれば、電話ではなく、64MのSDカード付きのデジカメとか、MP3プレーヤとか、ゲームマシンとか小型液晶テレビと割り切れば契約後に違約金を払っても多分安い。個人的には安いほうがうれしい反面、これが「環境経営」をうたっている日本の企業のすることなのかと考えると、ちょっと考えてしまう。
[PR]
by utzutz | 2005-12-11 20:19 | ITネタ

903SH/703SHの音楽ダウンロード(Win98の場合)

 先日、フリーウェアのiTunesで、編集-設定-詳細-インポートでACC エンコードに
設定して、変換したい曲をフォーカスし、 詳細設定-選択項目をAACに変換を選択する
と、***.m4aという AAC形式に変換され、ここでファイル名変更で拡張子を***.3gpに
してminiSDカード経由で登録すれば 音楽が聴けるように なるといったが、残念ながら
iTuneはWin2000/WinXP/Mac用でWin98では動かない。

  そこで、いろいろ試してみたが、RealAudioならWin98で同じことができた。
リアルオーディオ」のHPからダウンロードするのだが、
「今すぐダウンロード」というボタンではなく、「無償版プレーヤー」の文字を押して、タダ版をダウンロードする。動かすにはアドレス登録が必要だが、適当にいれればいいし、うまくつながらなくってもとりあえず、インストールはできる。「ミュージック&ライブラリー」で曲を選んで「トラックを
保存」でAAC形式で保存する。その後拡張子は同じように3gpに変換すればいいのである。
[PR]
by utzutz | 2005-12-09 17:14 | ITネタ

コストダウン

最近のニュースの半分以上が、例の強度不足の欠陥住宅問題。
コストダウンのために柱を減らしたり、小さくしていたのだ。こんな行為は「モノ作り王国日本」
への冒涜であり、世界規模での日本への信頼問題に直結する由々しき問題なのだ。

もともと、「コストダウン」とは「過剰機能の除去」「不要機能の除去」というように顧客の満足度
を失わない範囲での経済的活動だ。顧客の満足度のベースとなる仕様、性能、品質について
は落とすことなく、それのかかっている製造上のコスト(原価)を減らす行為なのである。
材料のムダ、製造工程のムダ、流通のムダ、不良率の低減、過剰設備・社員を減らし、スリム
な経営体質で効率よくものづくりをすることである。
 法律に違反するとかしないとかではなく、顧客満足度を下げてまですることじゃないし、
ましてや不良品を売りつけるとはもってのほか。

 家電や自動車では、品質でも技術でもコストでも中国に打ち勝つべく、1銭単位(1円で
はない)のコストダウンを日々考えている。もちろん、顧客満足度を下げずにだ。

日本のまっとうな会社にはVE(パリューエンジニアリング 価値工学)という考え方がある。
これは、顧客満足度を価値に置き換え、いかに価値をあげるかを考える活動である。

そして、価値とは  そのモノを入手することによって得られる効用、満足を、そのモノを入手
するために支払う対価となる。

つまり、価値=(仕様、性能、品質などモノの機能) /(入手して使うために使うコスト)である。

入手して使うために使うコストとは、マンションならマンションの購入代金+マンションを維持
するための費用である。

もともと「住まい」を買う目的は「快適な生活をする」ためであり、そのためには「雨風をしのぐ」
「泥棒から自然災害から身や財産を守る(セキュリティ)」だけでなく「温度変化や段差がない」
「家族のプライベートが守られかつリビングで全員がくつろげる」などいくつかの具体的な
購入目的がでてくる。今回の不良はこの「雨風をしのぐ」「泥棒から自然災害から身や財産を
守る(セキュリティ)」という最も基本的な機能の部分での欠陥であり、絶対にやっていけない
ことなのだ。

最近のプリンタの価格低下、液晶ディスプレイの価格低下など、いずれも各社の技術者が
顧客満足度向上を夢見て必死に努力をした結果なのである。

こんなことで「モノづくり日本」の評判を落としてもらいたくない。
みんな、もっとVEの精神を勉強して欲しい。

日本VE協会のホームページ
[PR]
by utzutz | 2005-12-07 14:49 | その他