「ほっ」と。キャンペーン

いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ヤフーの対応は最悪!!

せっかく、ヤフーに知らせたのに1日たっても返信なし。昨日のフィッシング元と思われるところからは、空メールが一回飛んできたが、それだけ。フィッシングのURLもなくなっていた。

パスワードも代えて、最新式パターンでウィルスチェックも全HDDで実施したので大丈夫だと思うが少し不安。
 しかし、せっかく急いで教えても何も動こうとしたいヤフーに腹が立つ。証拠も消えてしまった。過去に聞いたことのないパターンだし、これはかなりのオークション愛用者はひっかかるはず。ヤフーから送ってもらうメールは、 (ヤフーID)@yahoo.cp.jpより別のものに変更
した。以降、yahoo.co.jpに送られてきたものはすべてインチキとなるはずである。

 とりあえず、インチキ画面のハードコピーと、その画面のソースコードは保管してある。サイバーポリスへも連絡しておいた。ヤフーのオークション愛用者の皆さん、くれぐれもご注意ください。ヤフ-がいいかげんな対応をしている限り、自分で実を守るしかない。利便性と危険性は
正比例するみのと心得なくては・・・・。
e0054064_1465982.jpg

[PR]
by utzutz | 2005-08-30 01:49 | ITネタ

ヤフーオークションのフィッシングメールにひっかかる

フィッシングメールにひっかかりました。ちゃんとヤフーのauction-master@mail.yahoo.co.jpが差出人ノメール。内容はオークション落札通知。しかし、私には落札どころかまったく知らない商品。
「下記のページにアクセスして落札情報をご確認下さい。 
http://*.****.jp/?url=http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r13852325
 ※入札時のIDでログインしてからアクセスしてください。」
といつもの確認画面へ。当然、いつものようにログインする。あれっエラー。「Yahoo! JAPAN IDが正しくありません。」何かいれまちがえたかなと思いながら再度入力。今度はOK。確かにオークションページはあったが、やはり知らないオークションだし、落札者も私ではない。入札履歴にも私のIDはない。「ヤフーのやつ、いかげんなことをして」と、文句メールを書いていたが、ふと、いやな予感。もう一度、先ほどの手順をたどる。やはり、1回はエラー。ヤバイ!URLを調べてみたが、ヤフーのログインURLはhttp://*.****.jp/?url=http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r13852325ではない。
どうやらhttp://*.****.jpはフィッシング詐欺の場所。大急ぎでパスワードを代えて、ヤフーへメール通知する。本当なら緊急連絡のために電話で知らせたいところだが、何でもメールですませようとするヤフーのやりかたはこういう時に後手にまわり、被害を増やす。しかたがないのでヤフーの知恵袋でこの事実を知らせるとともに、本当にパスワード変更だけでいいのかを賢い皆さん達に質問した。さすが、ヤフーの仲間、すばやい回答に感謝。みなさん、気をつけてください。
[PR]
by utzutz | 2005-08-29 02:06 | ITネタ

アキバ系メイドが駅前に進出

ミーハーにも開業したばかりの「つくばエキスプレス」に乗って秋葉原へ
そこにはなんと駅前でメイドさんがいた。電気街秋葉原が、パソコンの街アキハバラになり、萌え、おたく、美少女・・・どんどん怪しくなりインターネットカフェのあとを追ってメイドカフェが誕生。
といっても表通りの1Fの路面店舗は、やはりPCや電化製品が幅をきかしている。全国制覇した「アニメイト」や同人誌系の「とらの穴」「あきばお~こく」の老舗三軒くらいがおたくの店で、他はアキハバラの裏玄関の「末広町」寄りか、路地裏が、それともビルの上のほうにありやはり隠れた存在でメインじゃなかった。ところが「電車男」のおかげでメイドカフェがメジャーとなり、ついに駅前に進出。アキハバラはつくばエキスプレスやクロスフィールドにより、先端技術の街に変身しようとしている中、おたく文化と融合して新しい文化を創っていくのかもしれない。
過去にも、「萌え」は英単語、シスアド、そしてUNIXの学習書にまで進出。JDCからは「萌えドル りりあん」が誕生。そのためのアイドルファンドがジェット証券から発売。アイドルが投資の対象になる等、文化的活動(?)のきっかけになつてきましたから・・・
あっちなみにこのメイドさんはメイドカフェじゃなくて大手電気店のキャンペーンガールです。
e0054064_2221994.jpg


アニメイト        http://www.animate.co.jp/
とらにあな      http://www.toranoana.co.jp/
あきばお~こく    http://www.akibaoo.com/
JDC HP      http://www.jdc.jp/index.shtml
りりあん        http://www.lyrian.net/
クロスフィールド   http://www.akiba-cross.jp/
つくばエキスプレス http://www.mir.co.jp/
同、乗車レポート   http://4travel.jp/traveler/utzutz/album/10032433/
[PR]
by utzutz | 2005-08-28 02:23 | 旅行・あそび

ハンプステッドの紅茶

ついでに紅茶シリーズ。この間、名古屋の輸入品のスーバーで125g980円で買ったハンプステッドティー&コーヒー社のオーガニックダージリンティー。1997年設立の比較的新しい会社だが、そのうたい文句がすごい。「マカイバリ農園と提携したオーガニック紅茶。セカンドフラッシュとオータナムルのブレンド紅茶」。ちなみにマカイバリ農園というのは、インドのダージリン地方最古の農園で英国王室御用達農園。
 ちょっとうたい文句がすごすぎて、期待しすぎてしまったが、まあまあ、この価格ならお得。
ベノアほどではないが、こちらもすっきりタイプ。
ちなみにインターネツトで調べたら、定価は125g1575円だった。


通販  
e0054064_1441458.jpg
http://www.world-plaza.net/tea/hampstead.htm
[PR]
by utzutz | 2005-08-28 01:44 | 紅茶。飲み物、食べ物

ベノアの紅茶

「電車男」で突然有名になり売り上げが30%UPした、英国王室ご用達のベノア(Benoist)の紅茶を買ってきました。ベノアは唯一、銀座松坂屋だけに出店しており、紅茶、ジャム、スコーン、ケーキはここの地下1F、撮影にも使われたティーサロンは4Fです。地下鉄の銀座線もしくは日比谷線で「銀座」駅を下車、A3出口を直進して30秒後に松坂屋の入り口に到着、入店して左の階段で地下に降りて15歩歩いた左にベノアショップがあります。東京駅からは丸の内線で銀座までこれますが、丸の内線のホームからはかなり距離があります。
  行った時は、たまたまかも知れませんが顧客はゼロ、アキバ系でにぎわっているのかと思っていましたがちょっと意外でした。
  ここで、映画で使われたピュアダージリンティ-のフルリーフ缶(60g1260円)、スコーン、ケーキ等を買ってきました。高級店の割には、価格もむちゃくちゃ高いわけではありませんし、自分のHPで撮影に使われたことをちゃっかりPRしているように気取ったところはありません。紅茶はインターネット直販していますので、欲しい方はどうぞ。
 さて、ピュアダージリンティの感想です。香りがいいのと、葉が気持ちいいくらいに開くのが印象的。味はダージリンなのに苦味がなくあっさりしています。 

ベノアのHP http://www.benoist.co.jp/
銀座松坂屋のHP
e0054064_130382.jpg
http://www.matsuzakaya.co.jp/ginza/index.shtml
[PR]
by utzutz | 2005-08-28 01:31 | 紅茶。飲み物、食べ物

映画「ガルーダ」を観ました。

タイの映画で「ガルーダ」というSFXをレンタルDVDで借りてきた。もともと置いてあるのを見つけて気にはなっていた劇場未公開の映画。「タイのSFXなんてどうせたいしたことないや」なんて思っていたら意外と面白い。迫力とか、ストーリ的にどうかは別として軽く楽しめるのだ。今までにみたタイ映画は「マッハ!」だけ。タイも香港映画みたいにアクション中心でタイの国技ムエタイをベースにしているイメージがあったが、CGを利用したSFXは未知数。東南アジアにありがちな有名映画のパクリもどの程度かと思っていたがいやみがなく楽しめる。そういえばこの映画のキャッチフレーズは「タイ版ゴジラ」。

ストーリはインドのある場所で、ガルーダの化石が発掘されたことから始まる。しかし、パキスタンの攻撃に会いそのままうやむやに。数年後にタイのバンコクで「生きたガルーダ」が発掘され、インドの発掘を行った考古学者の娘リーナが調査する。しかし、タイ軍の特殊部隊と生き返ったガルーダでややこしい話が展開。あまり書くとネタバレで面白くないのでこのくらいにするが、この主人公リーナを演じるのキュートなインド女性「サラ・レッグ」が気に入ってしまった。
ひとつ気になったのは「アメリカのインチキ機械」「おまえらはフランスとタイのハーフでタイ人じゃない」と米国や欧州への攻撃的人種差別がでてくること。タイの人のイメージはそんなものなのか?どちらかといえば日本人には友好的な国と思っていたが実は外国人に対する排他的ナショナリズムの気持ちをもつているのだろうか?

ガルーダとは、インド古代叙事詩(神話)「ラーマヤーナ」に登場する神鳥で、ヒンドゥーの3大神の1つであるヴィシュヌの乗り物であるされている。この神話の内容から蛇を退治する聖鳥として崇拝されている。人間の胴体を持ち、鷲の頭部、嘴、翼、爪を持つ巨大な黄金色に輝く鳥として描かれる。しかし、この映画では肉食会怪獣。一応「神様」とし表現されていたが対応は怪獣扱いだった。

なぜ、タイ映画にガルーダなのか?実はタイは仏教国なのに国の紋章はガルーダなのだ。不思議に思い調べたところ、タイ国王(王室)はヴィシュヌ神の化身として有名なラーマ王子の末裔にあたり、現在のタイ・チャクリー王朝の王様、プーミポン・アドゥンヤデート国王はラーマ 9 世と呼ばれているとのこと。ガルーダは、仏教では仏法を守護する神、八部衆のひとりである迦楼羅(かるら)にあたる。日本に入って天狗となったとされている。ちなみに、八部衆とは天・龍・夜叉・阿修羅・乾闥婆・緊那羅・迦楼羅・摩護羅伽であり、いずれも元々はインドの悪魔鬼神。それが改心して仏教の守護神となったというストーリー。インド系の神様は敵が改心して仲間になったという話がやたら多い。そういえば入谷の鬼子母神もその類だったはず。

私は「ガルーダ」という言葉は初めて海外の仕事をした時に知った。乗った飛行機がインドネシアの国営航空会社のガルーダ・インドネシア航空で、ガルーダとは神鳥、だからガルーダインドネシア航空は落ちないと聞かされた時である。その後、インドの仕事でもともとはインドヒンドゥーの神であることを知る。そして、この映画でタイの紋章であることも知った。
ヒンドゥーの神がイスラムのインドネシアの国営飛行機の名前だったり、仏教国のタイの紋章だったり、アジアの宗教はややこしいね。
[PR]
by utzutz | 2005-08-21 15:26 | インドネタ

ご自由にお書きください

せつかくこられたのだから足跡でも残してくださいね。
右下のCOMMENTSを押すと書き込みできるようになるみたいです。
[PR]
by utzutz | 2005-08-21 02:29 | 足跡残し

自宅で花火鑑賞

今日はきれいに花火大会が見えた。3階建て住宅のメリットの1つとして、ひとつ頭がぬきんでている高さの分だけ遠くがみえる。おかげでこの時期になると3階から数箇所の花火大会を鑑賞できる。日によっては2箇所の花火大会が見える。
ただ、その分、ちゃんとカーテンを閉めておかないと丸見えになってしまう
e0054064_214376.jpg

[PR]
by utzutz | 2005-08-21 02:15 | その他

ブログ引越し

ヤフログがあまりにものろまで、登録するだけでも超スローでイライラするし、時にはタイムアウトするので、もうがまんならずに引っ越しました。どうぞよろしくお願いします。過去ログもやっと移し終わりめでたし、めでたし・・・・
[PR]
by utzutz | 2005-08-21 02:02 | その他

サハ共和国のダイヤモンドとマンモス

e0054064_201788.jpg
万博で買った本物のマンモスの牙。発掘した国の本物証明書とシリアルナンバー付きの限定品。3000円が高いかどうかはわからないが、どこの国が証明しているのか調べてみたら「サハ共和国」という国。どこっソコって?とネットサーフィンで検索していくと、あったあった、なんとロシア。ロシア連邦の中でもいちばんでかい国。大きさはインド並。でも、人口は100万人弱。ちなみにインドの人口はわかっているだけで11億人(実態は13~15億という説もある)。国土の4割が北極圏で年間ずっと氷の世界、夏・冬の気温差は100度以上とのすごいところ。その下には石油、石炭、天然ガス、いろいろな鉱物、そしてダイヤモンドやマンモスが眠っている。実は愛知万博の冷凍マンモスもここ出身。ロシアのダイヤモンドも実はほとんどがサハ共和国産。石油、石炭、天然ガスというとんでもない財産も凍土でとりだせず、マンモスとダイヤモンドで生活している?
サハ共和国は万博への出品を「国おこし」としてとらえ、万博協会と伊藤忠と組んでマンモスの本物の牙を使った万博グッズを作り「マンモスの国」として知名度アップをはかっつているらしい。実際、少なくとも私一人分には知名度があがつただろうし、これを読んでくれている奇特な極少数の読者のあなたのも知名度アツプがはかれてるから効果はあったのだろうな。
 話は替わるが、実はこの国の名前をつけている会社が日本にある。ジャスダック上場の「サハダイヤモンド」いったんつぶれかかって、株価10円の倒産同然価格になっていたものが万博でマンモスがくるころから上昇した。万博が売り上げに影響するはずもないので気分だけなのか別の理由なのかわからないがなんとなく面白い。

万博のマンモスグッズのおみやげのはなし
  http://www.chunichi.co.jp/expo/recommend/050317T1138.html
サハダイヤモンドという会社のHP
http://sakha.co.jp/index.htm
[PR]
by utzutz | 2005-08-20 01:58 | 旅行・あそび