いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:旅行・あそび( 197 )

アキバ系メイドが駅前に進出

ミーハーにも開業したばかりの「つくばエキスプレス」に乗って秋葉原へ
そこにはなんと駅前でメイドさんがいた。電気街秋葉原が、パソコンの街アキハバラになり、萌え、おたく、美少女・・・どんどん怪しくなりインターネットカフェのあとを追ってメイドカフェが誕生。
といっても表通りの1Fの路面店舗は、やはりPCや電化製品が幅をきかしている。全国制覇した「アニメイト」や同人誌系の「とらの穴」「あきばお~こく」の老舗三軒くらいがおたくの店で、他はアキハバラの裏玄関の「末広町」寄りか、路地裏が、それともビルの上のほうにありやはり隠れた存在でメインじゃなかった。ところが「電車男」のおかげでメイドカフェがメジャーとなり、ついに駅前に進出。アキハバラはつくばエキスプレスやクロスフィールドにより、先端技術の街に変身しようとしている中、おたく文化と融合して新しい文化を創っていくのかもしれない。
過去にも、「萌え」は英単語、シスアド、そしてUNIXの学習書にまで進出。JDCからは「萌えドル りりあん」が誕生。そのためのアイドルファンドがジェット証券から発売。アイドルが投資の対象になる等、文化的活動(?)のきっかけになつてきましたから・・・
あっちなみにこのメイドさんはメイドカフェじゃなくて大手電気店のキャンペーンガールです。
e0054064_2221994.jpg


アニメイト        http://www.animate.co.jp/
とらにあな      http://www.toranoana.co.jp/
あきばお~こく    http://www.akibaoo.com/
JDC HP      http://www.jdc.jp/index.shtml
りりあん        http://www.lyrian.net/
クロスフィールド   http://www.akiba-cross.jp/
つくばエキスプレス http://www.mir.co.jp/
同、乗車レポート   http://4travel.jp/traveler/utzutz/album/10032433/
[PR]
by utzutz | 2005-08-28 02:23 | 旅行・あそび

サハ共和国のダイヤモンドとマンモス

e0054064_201788.jpg
万博で買った本物のマンモスの牙。発掘した国の本物証明書とシリアルナンバー付きの限定品。3000円が高いかどうかはわからないが、どこの国が証明しているのか調べてみたら「サハ共和国」という国。どこっソコって?とネットサーフィンで検索していくと、あったあった、なんとロシア。ロシア連邦の中でもいちばんでかい国。大きさはインド並。でも、人口は100万人弱。ちなみにインドの人口はわかっているだけで11億人(実態は13~15億という説もある)。国土の4割が北極圏で年間ずっと氷の世界、夏・冬の気温差は100度以上とのすごいところ。その下には石油、石炭、天然ガス、いろいろな鉱物、そしてダイヤモンドやマンモスが眠っている。実は愛知万博の冷凍マンモスもここ出身。ロシアのダイヤモンドも実はほとんどがサハ共和国産。石油、石炭、天然ガスというとんでもない財産も凍土でとりだせず、マンモスとダイヤモンドで生活している?
サハ共和国は万博への出品を「国おこし」としてとらえ、万博協会と伊藤忠と組んでマンモスの本物の牙を使った万博グッズを作り「マンモスの国」として知名度アップをはかっつているらしい。実際、少なくとも私一人分には知名度があがつただろうし、これを読んでくれている奇特な極少数の読者のあなたのも知名度アツプがはかれてるから効果はあったのだろうな。
 話は替わるが、実はこの国の名前をつけている会社が日本にある。ジャスダック上場の「サハダイヤモンド」いったんつぶれかかって、株価10円の倒産同然価格になっていたものが万博でマンモスがくるころから上昇した。万博が売り上げに影響するはずもないので気分だけなのか別の理由なのかわからないがなんとなく面白い。

万博のマンモスグッズのおみやげのはなし
  http://www.chunichi.co.jp/expo/recommend/050317T1138.html
サハダイヤモンドという会社のHP
http://sakha.co.jp/index.htm
[PR]
by utzutz | 2005-08-20 01:58 | 旅行・あそび

家にいるとお金を使う?

お盆休みも終わりに近づき、しかたなく仕事モードへの気分の切り替えをしなくてはならないのに、
なかなかその気にならないのが今の気分。
外に出かけるにも混雑しているし、余計なお金を使うので家でクーラーをかけてじっとしている。
昔なら、それでお金を使わなかったのだろうげと、インターネットのおかげで、外に行くよりお金
を使ってしまう。
 ヤフーのオークションは、無限に広がる巨大店舗。新品と中古、本物と偽物、いい販売人(出品者)
と悪い販売人、あらゆる商品が用意されている。この時期、思いがけない安値で落札できる。
これは出品者が慣れておらず、落札価格が跳ね上がる土日や夜11時ごろの時間帯をはずしてくれたり、
間違ったカテゴリーに出品してくれるからだ。また、みんな帰省の準備等でアクセスがおろそかになる
のも原因かも・・・。
 検索機能をフルに活用してカテゴリーに関係なく商品を探す。
出品者評価やコメントの細かなところ(路地裏店購入とか、神経質な方お断りとか、正規購入ではない
とか書かれているものは偽物)、送付方法(全国一律1000円とか、1500円とか必要以上に高い送料になっ
ている場合があるので総額で考えるべし。また、消費税別途のところもあるので注意)、そして繰り返
し出品かどうか(業者による繰り返し出品の場合は、過去の最低落札価格を目標にして深追いしない)
これに気をつけておればアウトレットモールや並行輸入店、ディスカウントストアーよりもとんでも
ない安い価格で手に入る。 絶対に手にはいらなかった絶版の本、日本にないブランド、製造中止になった製品の修理部品、外国の何世紀も前のお金・・・・・・こんな、かつて入手困難だったものも手に入る。いつもならじっくり探せなかったものが徹底的に探していくと「やった!!あったぞ!!」なんていう
すばらしい出会いもある。
 ある意味パッピーなんだが、結局お金を使ってしまうお盆休みであった。
[PR]
by utzutz | 2005-08-15 01:48 | 旅行・あそび

愛知万博にいついくか?

おととい、きのう、きょうと愛知万博の入場者数が増えてきている。来週のお盆ウィークは相当混雑すると予想できる。この予想、実は万博の公式HPで公表され、かなり精度が高いと評判みたい。
まずは、このHPを見て行く日を選んで欲しい。( http://traffic.expo2005.or.jp/calendar/ )

万博写真 http://4travel.jp/traveler/utzutz/
e0054064_1473566.jpg

[PR]
by utzutz | 2005-08-10 01:46 | 旅行・あそび

御殿場アウトレットモール

先日、御殿場アウトレットモールに行ってきた。買い物目的ではなく、箱根旅行の帰りに寄ったのだ。前回は富士山の旅の帰りに寄っている。御殿場インターそばというロケーションは、いつでも高速に乗れるという安心感でちょっと寄るにはもってこいだ。ただ、実際には5時間は滞在してしまうが・・・・。
それだけ他のアウトレットモールに比べて規模が大きいのだ。もともと遊園地の敷地。東西を結ぶ橋では富士山が目の前にくっきり見える最高のロケーション。ただ、規模が大きすぎて食事の施設が能力不足で食事時間には長い列ができてしまう。
アウトレットモールといってもすべてが安いわけではない。BOBSONやラングラーの定番ジーンズは定価販売である。また、アウトレット品といっても20~30%引き、そこいらにあるディスカウント店よりも高かったりする。まあ、専門店なので種類が豊富な分、付加価値がついているので仕方がないが・・・。
結局アウトレット品の見切り品の50~90%引きの中から気に入ったものを探す宝探しゲームとなる。
地方から来た場合は、地元で入手できないブランドが手に入る魅力もある。ディーゼルやシマロンなどは人気の割りに出店が少ないのでねらい目だ。
今回はウエッジウッドの紅茶とロイユルコペンハーゲンのコーヒーを買って帰ってきた。

http://4travel.jp/traveler/utzutz/album/10030171/
[PR]
by utzutz | 2005-08-04 01:38 | 旅行・あそび

愛知万博へ行って来ました

7/17・・・そう、21万人の最高入場者数を記録した日に愛知万博に行ってきました。人、人、人・・・・地球に優しく、来場者に厳しい万博でした。それでも気合を入れて20以上のパビリオンを回ってきました。詳細報告は、 http://4travel.jp/traveler/utzutz/  をご覧ください。
しかし、この万博にロエペやヴィトンは専門店を出品して限定グッズも出しています。日本での開催=もうかるぞ!というヨミなんでしょうね。アジアやアフリカも現地価格の10倍の値段で売っていますしね・・・・
[PR]
by utzutz | 2005-07-20 00:00 | 旅行・あそび

海外へのおみやげは?

海外へのおみやげは一体何が喜ばれるか?
相手が駐在員なら日本で最近はやりのグッズや新聞、雑誌、新刊本、あられ、味付け海苔、日本酒、するめイカ等の珍味、お菓子の新製品、饅頭等のあん製品等・・・。日本酒の「八海山」は大吟醸ではなく本醸造なので常温での移動もOKとのこと。それじゃあ、その国の人達には何がいいのか?
インドの時は、100円ライターとかボールペンが喜ばれるという話が多いので、展示会や景品でもらったボールペンを30本ぐらい盛っていった。確かにタバコはマッチを使っている人が多かったので、もしかしたら喜ぶのかもしれないが、最近はライター類の飛行機への持ち込みが厳しい。ボールペンはみんなが持っているし別にめずらしくもなく、現地企業の社長に「インドって、おみやげにボールペンがいいって聞いたんですけど」などとたずねると、「そんな話聞いたことがない」とのこと。

ボールペンを欲しがるという話はバックパッカーのインド旅行記にはしょっちゅうでてくるが、ミドル・アッパー階級には関係ない話かもしれない。でっ何が受けたかというと、浮世絵の箸、漆器のスプーン、いずれもMADE IN JAPANを確認してから買った100円均一グッズ。多分、使い方は理解していないだろう。そして、きもの屋のチェーン店で300~500円くらいで売られている和風小物入れやハンカチ類、こちらは女性にひっぱりだこだった。ただ、日本グッズがいいかと言えばそうともいえない。

日本人のホームスティを受け入れている家庭には、剣玉、がま口のサイフ、うちわ、センス、ダルマがいっぱいあると聞く。バラマキみやげではなく、ちゃんとしたみやげを持って行こうとすると、日本伝統グッズよりも日本製のハイテク実用グッズがいいかも知れない。0.18mmのボールペン、消しゴムで消えるボールペン、振るだけで芯がでてくる0.5mmシャープペンシル、キャラクター文具等。日本は先端技術をおもちゃや文具に最初に応用するすごく平和な国なのだ。かつて形状記憶合金という新材料が開発された時も、世界で最初に実用化したのは日本、実用化したグッズは新材料の針金の両側に男の子と女の子の顔がくっついており、針金をどんなにぐちゃぐちゃにしても熱をちょっと加えると、形状記憶作用が働いて針金が丸くなってキスをするというおもちゃだった。

 逆に一般的なものはMADE IN JAPANじゃなくなってきた。単なるシャープペンシルやボールペンの多くは中国製。3段式の折りたたみ傘なんかは海外ではめずらしいと思うけど、傘のほとんどは中国製、日本製の傘は5000円以上でないと売っていない。その構造上、自動化できない傘の原価は人件費がほとんどでどんなことをしても価格では中国に勝てないのだ。ところが、5000円以上の傘はすべて「ブランド傘」に分類になり、ロンシャン、ディオール、バーバリー、ギラロッシュ等ヨーロッパブランドなのである。国産は一生懸命探して「HANAE MORI」かコムサデモードくらいである。

また忘れちゃならないのが日本のアニメパワー、ポケモンは世界中の人気者、これなら文具、特にノートや塗り絵なにか子供用にいいだろう。おたく系の人ならセル画という手もある。ヤフーのオークションに実際につかわれたセル画が出ているのでそれを狙って見る手もある。 

そのほか、安く軽くすませたかったら、和風ハンカチやアニメキララクターハンカチなどもいい。
持って行くにも便利だし、相手も実用性があるので喜んでくれるだろう。もちろんMADE IN JAPANであるこちの確認は忘れずに。

 八海山           http://www.hakkaisan.co.jp/
 0.18mmのボールペン     http://www.mpuni.co.jp/product/ball_pen/
 振るだけで芯のでるシャープ http://www.pilot.co.jp/line_up/mechanical.html
[PR]
by utzutz | 2005-06-11 00:00 | 旅行・あそび