「ほっ」と。キャンペーン

いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり

地震のおかげでダイヤが乱れているだろうと思って、東京で時間を
つぶすことに
(えっ東海道新幹線は通常ダイだって・・・細かいことは気にしない)

きのう、たまたま新橋でプラカードをもった兄ちゃんを見たら
「2008世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」とあったので
気になってネットで調べてみたら有楽町で大きなイベントがある
らしい。

切手プームは大昔にブームは去っているし、テレホンカードブームも
ケータイによってなくなったはず・・・
でも、ひょっとしたらインドの古銭があるかも・・・・ワクワク・・

きょう、そのプラカードの兄ちゃんに話しかけたら新橋会場があるとの
こと。そんなら、まずそこに行ってみよう!!

聞いた場所は雑居ビルの4F。朝だったので営業していないが、ピンク
色でセーラー服のお姉さまたちのお店とかがあって怪しいビルだ。

恐々行くと、あれ、ディスカウントチケットと貨幣・切手・テレホン
カードを売っているコイン商だ。あれ、まつりは・・・

と聞くと、会場は有楽町の東京交通会館で、ここはそこで売買が成立
した場合の金銭授受の場所らしい

ということでさっそく有楽町の会場へ

入って見ると熱気ムンムンですごい!!!コイン商がこんなにいっぱい
まだ残っているなんて!!!

このおまつりは日本貨幣商協同組合と日本郵便切手協同組合が後援
している大きなイベントらしい。
ネットでもほとんどアナウンスされていないのに、よくもまあ、
こんなに人が集まったみたいだ。

そして、客はある意味、とんでもない「オタク」ばかり

「えっ180万円!!!もう少しまけてよ!150万円」「う~ん、いいや売った」
なんて会話が飛び交っている。対象物はきっと一般人から見たら汚い
だけの絵葉書のセットだ。

この会場には本モノの和同開宝や皇朝十二銭がすべてそろっているし、
触ってみることもできる。和同開宝は数万円~数十万円まで、作られ
た年代で微妙にデザインが違うのと、保存状況で価格が違う。

そのほか、古銭の原版とか、中国の古代の金貨210万円とか、その
辺の博物館よりもすごい。

テレカは、使用済みのモノが100円均一。しかし、客は山積みになった
その使用済みテレカを1枚1枚なめる様にチェックしている。
同じデザインでもきれいさが違うのと、使用の仕方によって穴の開き方
が違う。

そんな中で、1軒だけインドのコインを扱っている店を発見。
これだけたくさんのインドコインを一度に見るのははじめて

店主によるとインドコインはコレクターもほとんどいないし商売に
ならないのだが、自分も好きで仕入れに行くとのこと。

この価格、高いか安いかは、こちらがどれだけ欲しいかどうかで
決まる。市価なんてない。写真の左下のコインはインドのインドール
という藩王国の典型的なコインでこれだけきれいなものはみたこと
がない。
モロッコのコインはイスラム暦1288年のものでダビデの星が特徴で、
ほとんど出回っていないもの。3500円のものはポルトガル領インド
の初期のもの。
歴史的背景よりポルトガル領インドのコインは少ないし、日本まで
入ってくるものはほとんどない。
ということで衝動買い。まあ、この「まつり」にきた記念品でもある。

写真にはガードマンが写っているけど、実際、この会場にあるものは
全部で億単位になりそうだから、それなりの警戒をしているみたいだ。

e0054064_220316.jpg


e0054064_2204932.jpg

[PR]
by UTZUTZ | 2008-06-14 22:00 | その他
<< アキバ 監査 >>