いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


In-中間-Out

どうも昨日からのハイテンションが続き疲れ気味・・・

服装も、気合をいれて赤のヒカリモノのシルク風コットンのシャツに
ビブロスのネクタイ。ヴィヴィアンのベルトで気合を入れる。
そして「攻殻機動隊」の音楽をガンガン鳴らして通勤する。

ここのところ、あちらこちらに仕掛けた爆弾も徐々に炸裂しており、
一日に、まったく異なるジャンルの仕事が列を成してやってくる。

・子会社の特定製品に関する品質不良・手直し処置の具体的解決
・長期計画の成功シナリオに関する事業部への具体的指導
・発売直前の特定開発品の最終デザイン検討
・それとは別の特定開発品におきた品質問題回避の対策
・別の事業部の入荷率の悪い特定仕入先の締め上げ
・在庫管理に関する在庫量削減の具体的方策検討
・構想設計段階の製品の作りやすさ、型構造を考えた詳細形状検討
・内部統制の本格適用に向けた関係部署締め上げ方法検討

その合間を縫って

・3次元データの活用検討の相談
・発売直前の製品の顧客へのプレゼンのためのセールスポイント
 をうまくまとめたプレゼン資料のチェック
・新たに設定する品質基準のチェック(ほとんど原稿は私が書いたもの)
・インドに関する質問対応
・高島屋のクリスマスケーキのどれがおいしいかの検討

仕事の合間のティータイムは

午前  英国屋のフルリーフ・ダージリン・ティー
午後  ベノアのヴィンテージ・セイロン

通常、セイロンティーはウバにしろ、キャンディにしろ
ディンプラにしろ特徴が弱くストレートでは物足りないのだが、
ベノアだけは別格だ。唯一ストレートで飲めるセイロンティーだ。

これで1日が終わった・・・

これが今日、本当にこなしたメニューです。
さてさて「経営企画部」という看板にふさわしい仕事はどれだ!!
(えっ最後の2つじゃないよ)

ちなみに得意分野は原価企画

古巣は死にかけているが、こちらの原価企画は会社始まって以来の
盛況ぶり。目覚めた若手が自由に戦えるようにだいぶ、反対派を
締め上げたので成功列が続いている。

実は、年俸制なので本年度、会社にコミットメントしているメイン
の仕事は商品企画だったんだけどね。

それ以外はボランティア・・・

って、今日の仕事はみんなボランティアかよ!!!

給与2倍でも割に合わないと思うんですけど・・・

別に社畜じゃないし、仕事一本じゃない。働きすぎだと思うけど
時間(量)ではなく密度(質)のことだ。

それが証拠にそんなに残業はしない。
残業は本人に能力がないか、上司に管理能力がないときにおきる
現象で、あくまでも一時的なものとしてとらえなくてはならない。

日常的におきていて、なんとも思わないのはマネージメントの欠如
なんだ。日本的な浪花節、夜遅くまで残業するのを美徳なんて
思っている前世紀的な会社だったらあと何年ももたないでしょ!!

きょうの成果はひとりの若者をこちらの世界に引き戻したこと
改革に向けての戦士の卵がまたひとり誕生した・・・・

毎日、毎日こんなにエキサイティングな日々が続く・・・

何ひとつ成し遂げずに「私のイメージした会社じゃない」と会社
をやめる、中途半端な甘チャンとでは味わえない仕事だ。

仕事は、上司からもらうものじゃない。

向こうからやってくるように仕掛けておくのが本当の仕事だ。

そうなるには修行が必要。

目覚めた若い戦士たちへはその辺をきちんと教えてあげる。

マネジメントとは、どこに向かわせるかという「熱意」だけ残して、
戦術上は、自分の感情を殺して、その「熱意」を空気のようにみんな
に伝播させて結果を得ること。

そう、マネジメントとは結果的に成功させるプロセスなんだよ。

それには、時間的と距離的のふたつの複眼力が必要なんだ。
そして、「原因と結果のロジック」を忘れないこと。

何らかの不具合、問題は結果という現象であり、かならず原因が
あり、それにいたるプロセス(中間)がある。

現象だけをつぶしても、別の形で問題がでてくるだけでいたちごっこ。
プロセスをいじって原因が残っても無力化させたり、原因そのものを
殲滅しないかぎり、終わったりはしないのだ。

仕事はその仕事を始めるためのトリガーとなるINPUT(原因)と
仕事をするプロセス(中間)、仕事の成果OUTPUT(結果)がある。

このIN-中間-outの3つの関係を見極めればどんなジャンルの
仕事も理解できるし、解決ができる。

in-中間-out

VEでは伝統的な言葉だし、SCMのプロセスもこれで説明できる。
あらゆる改革の1stステップとなる「現状分析」はまさにこの
関係のチェーン構造を分析することだ。
[PR]
by utzutz | 2007-10-28 22:42 | その他
<< 爆弾、炸裂!!! マルセイバターサンド >>