いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


電子辞書化  WILLCOM ZERO3es WS0007SH(9)

このZERO3esはWindowsCE機そのもの。それでは電子辞書になるはずだと実験してみた。
ネット上では、この種の記事は多いが、マニア向けということと、各社も設けるためには
自社のソフトを売りつけるために、親切な情報が乏しいので大変苦労した。
以下はその内容

辞書は、ネットが育てたPDICというソフトと、電子ブックのEB形式が読めるEBPocket
という2つの実験である。
-------------------------------------------------------------------
PDICの場合  
e0054064_2340995.jpg

まずはフリーソフトのダウンロード
http://homepage3.nifty.com/TaN/pdicce.htmlの最初の
PDICPKTARM125.LZH PDIC for PocketPC ARM Ver.1.25 (142,106 bytes) 2002.5.27 updated
をPDICというホルダーを作り、そこへダウンロードして解凍する。
そうするとPDICCE.EXEというファイルができる。
そのプログラム名をPDIC-PPC.exeに変更する。
このPDICファイルをSDカードにコピーする。

次に http://homepage1.nifty.com/yoshi_2000/ から英和、和英、英英辞書をダウンロードする。
これらを実行するとC:\Program Files\Personal Dictionary
というホルダーがつくられ、そこに保管される。
このようにしてできた、Personal Dictionaryというホルダーを
やはり、SDホルダーの下に入れる。
そして、PDIC-PPC.exeを実行してFILEで辞書グループ編集で使用辞書を
登録しておく。変なところに辞書を置くとなぜか反応しないので注意

--------------------------------------------------------------------
EBPocketの場合

e0054064_23402762.jpg

http://www31.ocn.ne.jp/~h_ishida/から、EBPPC128FREE.ZIPというフリーウェアバージョンのプログラムをダウンロードして
実行して解凍し、EBPocetというホルダーをつくりそこにいれる。
(EBPocket free1.28という名前のもの)
ここでこのZIPは解凍ソフトによっては解凍しないというクセがあるので注意。

また、広辞苑や中辞典やその他のEB形式のCDを丸ごと広辞苑とか中辞典という名前の
ホルダーをつけてEBPocetの下にコピーする。

SDカードにEBPocetというホルダーをコピーする。
EBPocetの下のcabsというホルダーを開き、EBPocetPPC2003_ARM.CABだけ残し
他の****.CABは削除する。

EBPocetPPC2003_ARM.CABを実行させると、インストールが始まる。私は
SDカードへ保管した。そうするとSDカードにProgram Filesというホルダーができ
そこの下にEBPocetというホルダーができ、本体の「プログラム」のところに
アイコンができる。
このアイコンをクリックすると勝手に辞書は認識されている。(できていなければ
ツール-辞書の再検索すればよい)

なお、1050円でもっと使いやすく補強されたバージョンもでているので
よく使う人は、あとからそれに変更すればいい。こんないいソフトを作ってくれて
いる人に対して、その程度の金額なら喜んで払えるだろう。

これで準備完了。

--------------------------------------------------------------
使うための準備

スタート-プログラム-ファイルエクイプローラで各実行ファイルを選択し、
メニュー-編集-ショ-トカットの作成でショートカットをつくる。
これを選択し、メニュー-編集-切り取りし、そのファイルを
マイデバイス-Windows-スタートメニュー-プログラムのところで、メニュー
-編集-貼り付けとして、ショートカットを移動させる。あとはメニュー-
名前の変更で好きな名前にする。

そうすれぱ゛あとはいつでもスタート-プログラム-各辞書と起動させることが
できる。


なお、この2つを実験しただけでほぼ1Gに近い。
よって、使うminiSDは最低でも1Gは必要ということだろう。
[PR]
by utzutz | 2006-10-30 00:01 | ITネタ
<< とんでもない会議1 真のモバイラー >>