いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コストダウン

コストダウンとは、コストをダウンする、つまり原価を低減するというえ意味の言葉で
英語かと思いきや、日本の造語。英語ではコストリダクションという。

 しかし、コストリダクションは米国でありがちなリストラ、賃下げ、首切りのイメージ
が強いため、みんなでコストを下げて競争力を強化していくという前向きなイメージの
強いコストダウンのほうをよく用いている。

 コストとは、仕入値、必要経費など付加価値を生み出すための犠牲となるタネ火の部分。
たとえば、新しいルールを発動するためにかかる必要経費、投資を発動コストという。

 ところが、なんと最近の遊戯王には、このコストの概念が加わっていたのだ。
遊戯王ゲームの発動コストとは、遊戯王:召還、魔法、効果を行なうために行なう犠牲。
手札を捨てる、ライフを払う、生け贄を捧げるなどの行為をいう。まさしく、社会と同じ
考え方だ。

 このゲームでは、コストとは、モンスターの召還や効果の発動をするために、手札やライ
フポイントなどを払ういわゆる対価。もともとなかったルールがいつの間にか追加された。

 そして、写真のようにそのコストを下げるカードがあるのだ!
その名も「コストダウン」!!!
このカードは魔法カードで、効果:自分の手札にある全てのモンスターカードのレベルを、
発動ターンのエンドフェイズまで2つ下げることができる。

たぶん、意味不明だと思うのでもう少し、詳しく説明すると、
最近の新しいルールが、上級モンスター(星5~6レベル)は1体、最上級モンスタ(星7レベル
以上)は2体のモンスタ-を生贄にしないと使えないルール。
つまり、
手札にあるレベル8の「青眼の白龍」はレベル6になり、生け贄1体で召喚可能
手札にあるレベル6の「人造人間-サイコ・ショッカー」はレベル4になり生け贄なしで召喚
可能となり、発動コストつまり対価を下げられるのだ。

社会のルールは、何をするにも対価を支払い(投資)、それを元手に稼いで資金回収しさらに
利益に結びつなげること。まあ、ある意味で商売とは大人のゲームなのかもしれないね。

e0054064_2283844.jpg

[PR]
by utzutz | 2006-08-20 02:29 | 旅行・あそび
<< インドのエコなカレンダ 沙羅のタネ(植え方、育て方を知... >>