いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


就職活動は「人間力」

人事部長との会話
「まだ、事務屋は予定の半分しか内定を出していない。仕方ないのでレベルダウン承知で
 第二審査に進ませた」

「できの悪いの入れるのなら、欠員でいいよ!やる気のないヤツ、努力しないヤツは
 邪魔なだけだから・・・・」

「確かに、この時期に内定できていないというのはそれなりの理由があるからね・・・」

「別に学校名とか成績とかはどうでもいい、前向き、明るい、好奇心旺盛、自分がある、
 とにかく自分の生き様を確立しようともがいているヤツ、何事でも自分のものに
 しよう、吸収しようと努力しようとしているヤツ、そんな感じのやつを見つけてよ。」

「わかった・・・・」

入社して「オレのイメージにあわない」なんていってやめるヤツならはじめからいらない。
たった数ヶ月で何がわかる。だいたい思い通りにいく世界なんてこの世の中にはない。
思い通りにいかせるのだ。そのための努力、どうやったら思い通りになるかを考えられる
ヤツなら成績がすべて「可」でもかまわない。

大学までに学んできたことなんて、人生で学ぶことの10%以下。
「微分積分がなんになる」なんていって逃げてるヤツなんてこなくていい。

だいたい、社会にでたら課題に対する正解なんてどこにもない。正解は時代や環境などの
条件でどんどん変わる。
ある時、成功したことを次にやっても成功しないなんてあたりまえだ。条件が変われば
結果は変わる。

学校では、勝手に事実の断片を切り取る。つまり、条件を固定してシミュレーションして、
あたかもこれが定石だ、これが正解だなんて言っているが、それは単なるお遊びにすぎない。
社会では条件が固定されないから、タイミングを図ってそのときに最も適したやり方で
答えをだす。タイミングが変化の要素なので今日の答えと、来週の答えは、多少違って
くるのだ。

社会における正解の導き方は、最低のコストで顧客満足度を最大化する方法を探し出すこと。
顧客とは文字通りの客じゃない、関係者みんなが客なんだ。
そのために、今、何をするか、どうやったらみんなを説得できるかを考えること・・・・

そういうポテンシャルのあるヤツが欲しい。
すべきノウハウの詳細はこちらで教えてやる。それを次の時代、条件が変わったことに
あわせて応用して変化させてくれればいい。

だから、リクルートの対策本、ノウハウ集でどう受け答えするかなんていうにわか勉強の
薄っぺらい知識なんて役に立たない。人事の面接官はそんなに馬鹿じゃない。

だいたい、そういう本を出版している会社に金を払っているのは人事の側、知らないはずが
ない。
本当に試されるのは、生まれてから今までどう生きてきて、これからどう生きていくのかを
説明できる「人間力」なのだ。
[PR]
by utzutz | 2006-08-10 00:01 | その他
<< 白石さん的Q&A EXPO2005愛知万博ドイツ... >>