いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


会社を替わって1ケ月

会社を替わって1ケ月、
一応、直属の上司がいるのだが、そこからの指示は、初日に「しばらく慣れてくれ」
そして、最近は「若い子達の面倒を見てくれ」の2言。そして、この会社へ召還した
副社長からは「何とかしてくれ」
たった3つの指示だけで、勝手に解釈して動き回っている。
なぜ、3言で動き回れるかは、会社の状況を把握し、問題と思われる原因を探り、
その解決策を考え、順に行なっていくのが「何とかしてくれ」という指示に対する
基本的な手順だからである。そして、「慣れる」という支持は、この指示の下位属性。
「若い子達の面倒を見てくれ」は、問題点と思われる影響から守りながら、抵抗力と
攻撃力をつけさせる、つまり知識とやり方を伝授し、そこからマネジメント力へ導く
ことで、やはり下位属性の指示なのである。

実際、過去、いくつかの会社に対して「何とかしてくれ」という指示だけで、動き
回ってすべて黒字化させてきた。もちろん、たった一人の力でできるわけもなく、
もともとその会社にいたみんながやったこと。私は触媒に過ぎない。

この触媒というのが、なかなか難しい。
弱すぎると反応しない、強すぎると破壊してします。まちがった触媒をいれると
拒絶反応を起こし、なかが分解してしまうのだ。

今までも「親会社」から派遣された人が「親会社」のやり方、しくみ、ルールをその
まま持ち込んだ悲劇を見てきた。大会社のマネジメントしか知らないヤツに中小会社
のマネジメントはできない。資金と人を無限に投入できるかできないかは決定的に
違うのである。システムは効率を追求するよりも、メンテナンスがどれだけ楽にできる
かがキーなのである。人手がかかったり、継承させるのが複雑なシステムは3年もたない。

だから、親会社のDNAを伝承させるという名目でいろいろ親会社のガバナンス責任を
利用して、親会社のインフラを最大限利用しながら、この会社の「身丈相当」のレベル
を定義しつつも、売り上げが3倍になっても耐えうるしくみを考えている。

そのために、形式上の所属は、役割分担としては守りながらも、できるだけニュートラル
な立場で全体を見ていかなくては、
そんな思いのおかげで、たった1ケ月で、経営企画、原価企画、商品企画、人事・総務、
さらにヘッドハンティング、日本版SOX対応など「すること」が限りなく広がり、
誰にも頼まれずに書き上げた月報は、入社以来はじめてのA4レポート6枚分。
1つ1つはこまごましたことは書かずにエッセンスだけかいたはずだけど、月報のボリューム
は過去最高量となってしまった。そんなもの月報になるのかと思いつつも、書い以上は
確信犯的に送りつけている。もちろん、その影響は「想定の範囲内」としているのだが・・・
[PR]
by utzutz | 2006-08-06 00:01 | その他
<< 親会社のガバナンスと私のけじめ 株主優待に高級パンを送ってきた話 >>