いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ビジネスモデル特許を取得しちやた・・・

唐突だが、ビジネスモデル特許を取得した。ビジネスモデル特許とは、従来からある特許と違い、ビジネスの方法やプロセスについての発明に値する独創的で有益な考え方の特許で、物理的な事実や自然法則を利用していない特許のことである。よくあるのが、コンピュータの性質と
ビジネスをうまく組み合わせ、単なるコンピュータのふるまいにとどまらない独創的な工夫
に対して認められる特許のこと。

 特徴としては、ビジネス上の工夫なので、もともと、その工夫は担当者の経験や仕事への
熱意から生み出されたノウハウ部分で、特許申請書も「えっ本当にこんなのが特許」と思って
いることと、その特許に抵触している会社が存在していても、その会社の内部のしくみや
システム内の話なので、抵触している会社がしゃべったり、外販しないかぎりわからないと
とうこと。

 私の特許も、もし厳密に運用したら、きっと多くの会社が抵触しているだろうけど、それを
証明するのが困難だし、もし、抵触している会社がその内容を私にしゃべった場合は、その会社
は私と友好的な関係があるからこそ、社内情報をしゃべったわけだから、わざわざ提訴して
金を取るよりも、有効関係を保っておいたほうが有利。それにその会社内だけで使っているるなら自分の会社にはさぼと影響はでない。

もともと1999年に米国の特許庁がよけいなん特許を認定するから大騒ぎになり、会社の知的財産部も大慌て。こちらも自分が考え出したノウハウを、「俺の特許を買ってに使うな」と知らない会社からイチャモンつけられて使えなくなることを避けるための仕方なく出した防衛特許。

本心はあんな面倒な手続きはしたくないし、拒絶に対する反論で何百ページに及ぶ英語の書類に目を通すなんてことはいやだ。それに日経新聞や日経産業新聞がなぜか嗅ぎ付けてきて本人にインタビューなく勝手に新聞記事に載せられたので、よけいな問い合わせに応対しなくてならないはめに・・・・

あげくのてに米国特許庁は、やってしまったことの重要性に気づきビジネスモデル特許を認めない方向に誘導し始めて、その対応にまたまた追われてもう大変だった。

 まあ、本当に国内で特許成立して、溜飲が下がる思いでほっとしてる。
また、特許庁のHPから、さまざまな特許が検索できるDBが無料で提供されており、そこから
自分の名前を入力すると特許がでてくるので密かな自己満足に浸っている。

ちなみに社内の報奨金は「想定外」のために検討中のままで、結論がでていない。
[PR]
by utzutz | 2006-06-03 01:48 | その他
<< 深夜特急(1) 派遣社員 >>