いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


インドネシアで思い出したこと

インドネシア・ジャワ島中部のジョグジャカルタでマグニチュード(M)6・3の大地震が起こり、
バントゥル市では、大半の建物が全半壊、死者は3000人以上の惨事となっているという。
まだまだ被害は拡大しそうである。

インドネシアは、私が始めて海外で仕事をしたところ。場所がどこにあるかもわからないままに、
延べ2ケ月も滞在した。その間、45度の超高熱で倒れるは、食中毒になるは、パスポートを盗まれるは、1週間で10Kgもやせるは、オカマにはなしかけられるはと散々な体験をしながら仕事をしてきた。
 職業別電話帳で適当に電話してよさそうなところに飛び込んだり、TOYO純正、KAKURA、YAHAMAというややこしいブラントを出しているニセモノメーカーを即戦力として採用したり、
新規仕入先を探して現地生産の仕事をしてきた。

そんな経験をしてきたところだが、やはり思い出深いし、その経験でディープなインドでの免疫もここでできた。ジャワ原人にも会ってきた。
だから、他人事とは思えない。なくなった方のご冥福を祈りつつ、早く復旧、安定することを願うばかり。

日本ともインドネシアは係わり合いが深い。じゃがいもはジャカルタ・イモの略だしオラウータンはインドネシア語で「森の人」という意味。長崎の出島とは東インド会社つながりだ。
日本軍がオランダ軍を破り、インドネシアの独立をエサに日本に併合したものの、敗戦。ただし、約束は守って、武器は連合軍に提出せずにインドネシアに渡して、それが独立戦争の足がかりになった。
シンビーリジャワティはもともとインドネシアの無味無臭の安物のお茶を日本で健康のイメージで売り出したもの、幻のコーヒー、トアルコ・トラジャコーヒーは日本のメーカーが人食い人種のトラジャ族と協力して、絶滅を防いでプラントに成功したコーヒー、ジャワカレーは・・・・、いや、ジャワカレーはインドネシアには存在しない。
まあ、それだけ関係が深いということ。

ただでさえ、ジャカルタやバリ島のテロ、火山の噴火の兆候、前大統領スハルトの様態悪化、バリ島での独立の気配、東ティモールの内乱とごたごた続きの状態。
外務省も海外安全ホームーページで注意を促している。

そういえば、前大統領のスハルトはジュグジカルタ近辺の出身だ。

このスハルト、前々大統領のスカルノに名前が似いてるのでややこしいが、軍事クーデターで無理やりスカルノから権力を奪った。いいこともしたけれどワイロ中心の独裁政権で失脚。
(たしかに、インドネシアでは「お金」「おみやげ」と役人から何回か要求された。)

ちなみのこの前々大統領スカルノの奥さんだったのが、TVにでてくる大金持ちのデヴィ夫人
かつて日商岩井が取引を有利にしようとワイロの近い意味合いで送り込まれた秘書だったが、頭のの良さや気配り、立ち回りが気に入られ、第3夫人として結婚。その後頭角をあらわしトップレディへ。
1965年9月30日の軍事クーデターでスカルノが失脚した際、身重だったが、なんとか脱出して日本へという波乱万丈の人生を送った方だ。TVで笑いをとっているが、歴史の生き証人でもある。
[PR]
by utzutz | 2006-05-29 00:20 | その他
<< ガルーダ 日本のカレーはインド人には絶対... >>