いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


インドみやげ話(16)インドの古代コインE 11世紀の藩主国のコイン 

白髪のおじいさんとの商談が成立(あくまでもツアーなので買物時間は決められている)し、次に印度山日本寺へ行きました。お参りしてみんなが見学している時、外に知らないインド人が立っていて「おいで、おいで」をしています。なにかなと思っていくと「私も古いコインを持っている」とのこと。「じゃあ、みせて」ということになりましたが、こちらはツアー客、ガイドさんも心配そうに見ているので境内で座って商談開始。これらのコインは右上のひとつだけムガール帝国のコインで、あとは11世紀ごろのインドのいろいろな国のコインとのこと。きっと藩主国なんでしょう。ただ、持っているコインがほとんどこのタイプで他に種類がないので一掴みとって「10ドルでどう」「いや、そんなに安くない30ドルだ」「ばかいえ、高すぎる」なんてやり取りをして全部で2000円で買いました。(交渉結果は20ドルでしたが、1ドル100円という非常に都合のいいレート計算にて、
本当に日本の千円札2枚を支払いました。円ってやはり強い紙幣なんですね)
これって本当にその時代のものなんでしょうか?また高かったのか安かったのか?
まったくわかりません。ただ、思い出いっぱいの品、永久保存品です。
e0054064_0485222.jpg
e0054064_049170.jpg


追伸:本ブログをインド古代コインの専門家の先生に診ていただいた結果、北インドデリースルタンの時代のコインで、シンガラチャンドラ王(1375ー1390年)か、その前後の王の貨幣だそうです。
[PR]
by utzutz | 2006-01-10 00:50 | インドネタ
<< インドデリ-大寒波 インドみやげ話(15)インドの... >>