いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


803Tで着うた作り(えせ着うた)に挑戦

803TでCDからコピーして曲が着うたにならないという話を以前にしたが、よくよく考えると
着うたフルが使えるからといって、着信した状態で3分間もほかっておくことはありえない。
せいぜい数十秒。それなら、なんとかならないかと、有名な「えせ着うた」に挑戦してみた。

ここでわかったことは、803Tはボーダフォン標準着メロ形式のmmfを300KBまで認識
できること。これなら使い物になりそうだ。

ただし、それをするには、いくつかのフリーウェアを使い、CDやMP3やWMA等の音楽
ファイル=>WAVEファイル=>編集したWAVEファイル=>mmfファイルという変換
作業がいる。 ただ、別に難しい話じゃないし、失敗しても壊れない大丈夫。

■1■CDからWAVE形式やMP3形式への変換

CDからMP3やWAVEファイルを作るのにはフリーウェアのiTuneを使う。
(iTunesはここからダウンロードする http://www.apple.com/jp/itunes/ )

iTUNEで、[編集]-[設定]-[詳細]-[エンコード]-インポート方法をWAVEエンコード
に設定。曲を選択してインポートボタンをおせば「My Documents」-「マイミュージック」
-「iTunes」の中にWAVE形式ファイルが生成する。

 ちなみにMP3エンコードにすれば、MP3形式になり、ここで生成したMP3ファイルは
803T付属の「Beat Engine」で変換すれば音楽ケータイとして聴くことができる。

■2■WAVE形式ファイルの編集、もしくはMP3,WMA等他形式ファイルの変換

さて、Waveファイルは、SounsEngineというフリーウェアで編集する。
(SoundEngine はここからダウンロードする http://www.cycleof5th.com/ )

なんとしても300kb以下にする必要がある。時間にしてステレオで30秒前後。
大体、30秒になるくらいをマウスで左クリックしながらドラック選択し、「編集」-「切り抜き」
を押すと、選択部分だけが切り出される。(「ここで間違って「切り取り」を押すと選択した部分
だけがなくなるので注意)。次に後ろ5秒くらいを同じようにドラック選択して、「編集」-「フィ-ド」
-「フィ-ドアウト」とすると、音がだんだん小さくなって収束するようになる。
これを造ったら「ファイル」-「名前をつけて保存」で編集したwaveファイルを作る。

ちなみに、waveファイル以外の形式でも、PCで音がだせるファイルなら、真ん中くらいに
ある赤いボタンを押して録音モードになったら、PC内で音を再生、すかさず録音ボタンを
押してwaveファイル録音すればどんなファイルでもwaveファイルになる。

■3■WAVEファイルの編集

次に「えせ着歌フロントエンド」というフリーのソフトを使い、先ほどのWAVE形式のファイル
を読み込む。
(えせ着うたフロントエンドはここからダウンロードする  http://eseuta.mine.nu/#SMAF)

使用するフォーマット4bitADPCM、チャンネルはStereo、サンプル周波数11025にして、
変換を押す。
これで着メロ形式のmmfファィルになる。
もし、300KBを超えていたら、SoundEngineでお尻部分を少し削ってやり直し。
ちなみに音よりももっと長いこと聴きたいというのならStereoではなくMonoにすれば、
60秒くらいは大丈夫。
また設定はいろいろ変えるといい音になったりするが、その分時間が短くなるので自分なり
に妥協点を見つける必要がある。

■4■803Tヘコピー
できあがったmmfファイルは、miniSDカードを使って、PCに接続し、SDカード内の「PRIVATE」-「VODAFONE」-「My Items」-「Sound & Ringtones」のところへ
コピーこれで803Tで認識できる着メロファイル(実質的には着うた)になる。

なお、いくら自分で作ったからと言っても、もともとの音源には「著作権」があるので、つくった
mmfファイルは、ネットにアップしたり、勝手に配布することはやめてくださいね。
[PR]
by utzutz | 2005-11-27 22:35 | ITネタ
<< 903SHと803Tの比較 803Tのデジカメ写真 >>