いつまで続くか徒然日記。たんなる独り言に付き合ってくれるやさしい方々に感謝・・・
by utzutz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ITネタ
インドネタ
株・投資
旅行・あそび
グローバル
紅茶。飲み物、食べ物
その他
足跡残し
サポセン的日記
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


テレビのリサイクル

今回のトラブルをきっかけにいろいろに勉強しました。

ただ、本日運搬してくれた、佐川の人はムチャ親切だつたということ
だけは報告しておきます。

客に一番近い、「現場」の人は、いつも客を向いて仕事をしています。
そういう人達の「想い」が本社の管理層にもきちんと浸透しているか
どうかが会社のイメージになるということ。
あまり、他人事ではないと、キモに命じています。


テレビを買う際には、「商品の価格」+「郵送料」だけでなく
「下取り値引き」-「家電リサイクル料金」+「リサイクル手数料・
運搬料」+「エコポイント」+「リサイクルエコポイント」で
ややこしいことがわかりました。

「下取り値引き」

ジャパネットがやっている実質値引きですので
下取り品がある場合は、この値引きをふくめて商品の価格とみる
べきですね。

家電リサイクル料金

14インチのようなものでなければ2800円必要。量販店で買おうが、
通販で買おうが同じ。ただし、リサイクルさせずに「家電引取業者」
に渡す場合は、考え方が別


「リサイクル手数料・運搬料」

実はこの考えが各社でまったく違うのがややこしい。ヤマダ電機
は新規購入の際には配送時にひきとるので525円ですむ。ジャパネット
は約3000円。アマゾンは約7000円。地方自治体によっては、所定の
場所への持込ができることがあり、その場合は費用は発生しない。
しかし、実質的にはそれは困難。よって、この価格を含めて商品価格
を見なくてはいけない。

「エコポイント」
商品に付属するものでどこで買っても同じ。手続きはお店と関係なく
できるが、7/1以降にするため、とりあえず領収証と保証書を用意
しておくこと。インチ数によりことなるが実質数千円~数万円になる。


「リサイクルエコポイント」
テレビをリサイクルさせるともらえるエコポイントは3000ボイント。
リサイクルした時に支払った書類が必要。これで、2800円のリサイ
クル料はチャラになるので、「リサイクル手数料・運搬料」の差が
よけいに目立つようになる。


別ルート

「リサイクル」させずに「家電引取業者」に引き取らせる方法。

各業者が料金を買っての設定する。自宅まで引き取りに来て2800円
というリサイクル料金だけを請求する業者もいる。

この場合、「リサイクルエコポイント」3000円をあきらめる替わり
に、「リサイクル手数料、運搬料」もゼロ円とすることができるし、
結局2800円払うだけ。自宅まで来てくれるし、通販利用者には一番
楽。
こういう業者は、指定場所へ持ち込みできるので、自分で2800円
払って3000円相当をバックして200円も受けることもできるか、
きれいにして再販するか、部品取りするか、基板の貴金属を回収する
か、何らかのテクノロジーをもっているんだろうな。
[PR]
by utzutz | 2009-06-21 13:28 | ITネタ
<< 「父の日」と「誕生日」の記念食事会 JSDG全国大会の買出し >>